2021年3月の読書まとめ

読書

3月はビジネス書は少な目にした。

ビジネス書は適度に読むとモチベーションが上がるけど、冊数が多いと消耗するから。

ビジネス書
ビジネス書

早起きして、瞑想、アファメーション、日記な。
朝ご飯は食べるなよ。16時間のプチ断食でオートファジーだ。
あっ ナッツとヨーグルトは食べていいぞ。
TODOを書き出して、今すぐ秒でやって。PDCAを高速で回して。
それから、アウトプットが7割だから。人には1分でPREP法で伝えてね。
今言ったこと、結局重要なのは2割だから。8割は上手い事削ってね。
くれぐれも精製された炭水化物は食べるなよ…続く

yasunon
yasunon

ダブルチーズバーガーおいしいです(^q^)

鳥さん
鳥さん

あかん

3月に読んだ本の中では、南海キャンディーズの山ちゃんの本に元気をもらった。

我々は、みな孤独である

読了日:03月06日 著者:貴志祐介

評価:★★★☆☆

抜粋:賀茂の台詞「本物の嘘つきというのは、自分に対しても嘘をつける。ほとんどすべてを思い出しながら、なおも知らなかったふりができるのよ」

所感:私立探偵の主人公、茶畑への「前世で自分を殺した犯人を調べて欲しい」というぶっとんだ依頼で物語が始まる。ミステリー…なのか?本作では過去作の色々な要素を思い出した。”黒い家”の包丁ババア、”クリムゾンの迷宮”での昆虫食、”ISOLA”の心理描写 etc. 途中から依頼の件は投げっぱなし。私はいったい何を読んでいるんだろう。でも好き。貴志先生だから。

営業の魔法

読了日:03月14日 著者:中村 信仁

相性:★★★☆☆

抜粋:実はイエス・バットのバットはこちらが言うのでなく、お客様に言っていただくんです。

所感:【Audible】悩める営業マンの主人公、小笠原が、喫茶店で偶然出会った紙谷に12の営業手法を教わるお話。会話形式ですすむので、Audibleでテンポよく2周聴いた。通常4h、2倍速なら2h。物を売ることよりも、顧客の悩みを解決するという考え方はハッとさせられた。また、旅人と老人の例え話にあるよう、人としてのありかたが大事だと思った。営業マンではないけれど、他人との接し方で学びの多い本だった。

土方歳三 (下)

読了日:03月14日 著者:富樫 倫太郎

相性:★★★☆☆

抜粋:歳三の台詞「夢は見ないな。もうすぐ会えるからな。沖田や近藤さんにも会える。」

所感:京都で一旗揚げる夢を追った上巻、結末が分かっているだけに下巻は恐る恐る読み進める。新選組の仲間が減っていくのは辛い。甲府での戦いでは、歳三との対比からか、近藤勇がアホの子の様に見えた。旧来の戦い方に固執せず、西洋の戦術を勉強する時代の変化への対応力は流石。松前藩主の奥方の件であったり、佐和との関係は、男気のある土方歳三のストーリーとして楽しめた。

うまくいったやり方から捨てなさい

読了日:03月14日 著者:椎原 崇

相性:★★☆☆☆

抜粋:目の前にある問題というのはダミーでしかありません。その奥底に隠れた自分が渇望している本当の望み。それに気づくと大抵の人は目の前の問題はどうでもよくなります。

所感:【Audible】無料だったので聴いた。コンパクトにまとまっており、通常3.5h、2倍速なら1.5h強で1周出来る。わりと砕けた表現で、友達から人生相談のアドバイスを受けているような感覚で聴くことができた。目新しい手法と言うよりかは、様々なビジネス書で語られている内容を、著者の視点で要約されているように感じた。

天才はあきらめた

読了日:03月27日 著者:山里亮太

相性:★★★☆☆

抜粋:亀井さんの台詞より「運もあるのかもしれない。ただ、自分の道を一生懸命に走っていると、人は必ずそこに引き寄せられていくものだ」

所感:南海キャンディーズ山ちゃんの半生。自分にも、他人にもストイック。それ故に相方にも厳しくあたってしまったのだろう。自身の受けた屈辱や不遇に腐ることなく、頑張るための原動力にする姿勢に心を打たれた。ノートに書き溜めたネタの研究やモチベーションを焚きつける言葉たち。山ちゃんは努力の天才なのだと思った。オードリー若林さんのいちゃつくような解説にはほっこりした。

金田一耕助ファイル1 八つ墓村

読了日:03月29日 著者:横溝 正史

相性:★★★☆☆

抜粋:春代の台詞「…あなたはまっとうなひとね。いいえりっぱだわ。だから、うれしいのよ」

所感:主人公は27歳の青年、辰弥。7歳の時に母を亡くし、養父母とも喧嘩別れのように家を飛び出す。戦火で養父母も亡くしいよいよ孤独になったところでの、突然の跡継ぎ話。過去の大量殺人事件のプロローグから始まり、ミステリー・ホラー・冒険・恋愛と色々な要素がテンポよく繰り広げられる。辰弥の気持ちは、美也子なのか、春代なのか、典子なのか?どっちなんだい!?っとなかやまきんに君風にツッコミを入れながら読み進めた。

yasunon

語学学習とトレーニングが趣味な二児のアラフォーパパ。
DUO3.0をひたすら周回する、DUO3.0信者。
神奈川→大阪の引っ越しを機に、持ち物を減らしていこうと奮闘中。
ブログではレッスンや読書の記録を復習・備忘録として更新中。

yasunonをフォローする
読書
yasunonをフォローする
●○UNLIMITED○●

コメント

タイトルとURLをコピーしました